HOME‎ > ‎

イネいもち病菌研究チーム


イネいもち病はイネの最重要病害の一つです。 一般に、植物は微生物の攻撃から身を守る抵抗性機構を持っているため、様々な菌にさらされても多くはイネに感染できません。イネいもち病菌がイネに病気を引き起こすことができる理由はいもち病菌がイネの防御機構を抑える能力を持っているからであると考えられています。

私達はイネにおける病原菌の宿主、非宿主を決定する機構を解明することで、 イネの病害防除に向けた新戦略を提案することを目指しています。

 

エフェクターとは

  植物病原菌は宿主植物への感染時にエフェクターと呼ばれる様々な分泌タンパク質を宿主植物に注入し、宿主の機能を攪乱することでその病原性を発揮すること が知られています。そのためエフェクターの機能は病原菌感染の成否を決定する非常に重要な要素とみなされ、世界的に注目されています。しかしながら、イネ いもち病菌のエフェクター機能についてはほとんど分かっていないため、いもち病菌の持つエフェクター機能を1つでも多く同定することが課題となっていま す。

 

一方、あるエフェクターを認識する抵抗性タンパク質遺伝子(R)を宿主植物が保有している場合、そのエフェクターは非病原力因子(AVR)と呼ばれ、強い抵抗性反応を引き起こすことが知られています。

私達はこれまでにイネいもち病菌由来の3つの非病原力遺伝子AVR-Pia、AVR-Pii、AVR- Pikを同定し、AVR-Piaについてはそれを認識するイネのPia遺伝子の単離にも成功しました。これらAVR遺伝子はそれぞれのR遺伝子がない時は いもち病菌の感染を助長させるためのエフェクターとして働いていると考えられます。また同時に、私達はイネいもち病菌の感染に必要な分泌タンパク質の大規 模な探索も行い、いもち病菌の病原性遺伝子MC69を単離しました。

本研究チームでは同定されたエフェクター候補や病原性タンパク質の機能解析を試み、それらと植物との相互作用の解明を目指して研究に取り組んでいます。

Comments