外部研究資金

イノベーション創出強化研究推進事業開発研究ステージ「精緻なゲノム改良による低コスト生産可能な超多収良食味水稲品種の育成」共同研究機関:岩手県農業研究センター、宮城県古川農業試験場、福島県農業総合センター、青森県産業技術センター農林総合研究所(生研支援センター)R3-7

イノベーション創出強化研究推進事業開発研究ステージ「雑穀需要に応える短稈・多収アワ品種の育成と機械栽培体系の確立」共同研究機関:岩手県農業研究センター(代表)(生研支援センター)R1-4

イノベーション創出強化研究推進事業基礎研究ステージ「遠縁イネ科栽培植物のいもち病抵抗性遺伝資源としての相互利用法の開発」共同研究機関:神戸大学(代表)、京都大学、農研機構(生研支援センター)R1-3

国際熱帯農業研究所(IITA)委託事業「Africa Yam:Enhancing Yam Breeding for Increased Productivity and Improved Quality in West Africa」(IITA)R2-4

科学研究費助成事業(若手研究)「イネNLR型抵抗性遺伝子の進化様式を利用した罹病性遺伝子の同定」(日本学術振興会)R3-R5

科学研究費助成事業(基盤研究S)「イネNLR抵抗性遺伝子の機能と進化の解明」共同研究機関:京都大学(代表)(日本学術振興会)R2-R6

科学研究費助成事業(基盤研究B)「イネNAM集団を用いた新規ゲノム予測手法による遺伝子同定とネットワーク解明」(日本学術振興会)R2-R4

科学研究費助成事業(基盤研究C)「イネもみ枯細菌病菌に対する組織特異的な抵抗性遺伝子の単離」(日本学術振興会)R1-3

科学研究費助成事業(基盤研究A)「イネの野外ビッグデータを用いた「人工知能」による育種プラットフォームの開発」共同研究機関:岩手大学(代表)(日本学術振興会)R1-3

科学研究費助成事業(基盤研究C)「遺伝資源保全のための、ゲノム情報を用いたアワ在来品種・実験系統の多様性解析」共同研究機関:県立広島大学(代表)(日本学術振興会)R2-4

国際熱帯農業研究所(IITA)委託事業「Enhancing yam breeding for increased productivity and improved quality in West Africa」(国際熱帯農業研究所(IITA))2020-2022


終了した課題

イノベーション創出強化研究推進事業応用研究ステージ「水稲の重要形質遺伝子間並びに遺伝子-環境相互作用の解明とゲノム育種による超多収系統の育成」(生研支援センター)H30-R2

科学研究費助成事業(基盤研究A)「イネNLR抵抗性遺伝子の機能と進化の解明」共同研究機関:京都大学(代表)((独)日本学術振興会)R2-R4

科学研究費助成事業(基盤研究C)「植物アポプラストにおける病原菌に対する防御メカニズム」((独)日本学術振興会)H30-R2

科学研究費助成事業 (新学術領域研究 「植物構造オプト」<研究領域提案型>)「イネの倒伏耐性機構から学ぶ植物の力学的最適化戦略」(文部科学省)R1-2

農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(シーズ創出)「「ひとめぼれ」大規模交配集団を用いた有用遺伝子単離と遺伝子相互作用解明」(農林水産省)H27-29

科学研究費助成事業(基盤研究S)「イネ−いもち病相互作用の分子機構の解明」((独)日本学術振興会)H27-31

科学研究費助成事業(若手研究B)「しらが病菌によるアワの穂の葉化メカニズムの解明」((独)日本学術振興会)H27-29

国際熱帯農業研究所(IITA)委託事業「Enhancing yam breeding for increased productivity and improved quality in West Africa」(国際熱帯農業研究所(IITA))2014-2019

科学研究費助成事業(基盤研究B)「いもち病菌エフェクターAVR-Pikとイネ因子Pik及びHMA相互作用の解明」((独)日本学術振興会)H26-28

科学研究費助成事業(若手研究A)「Nested Association Mappingによるイネ多収遺伝子の単離」((独)日本学術振興会)H26-28

科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「イネ直播適性に関わる遺伝子の同定と利用」((独)日本学術振興会)H24-26

イノベーション創出基礎的研究推進事業「ひとめぼれゲノム資源を活用した重要遺伝子同定と実用品種育成」(生研センター)H24-25 -> 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(発展融合)H26

科学研究費補助金(新学術領域研究<研究領域提案型>)「植物−病原菌相互作用の集団ゲノミックス解析」(文部科学省)H23-27

科学研究費補助金(新学術領域研究<領域総括班経費>)「植物−病原菌相互作用の集団ゲノミックス解析」(文部科学省)H23-27

科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「全ゲノム連関マッピングによるイネもみ枯細菌病抵抗性遺伝子の単離((独)日本学術振興会)H23-25

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C)「いもち病菌に対するイネの階層的抵抗性の機構解明」((独)日本学術振興会)H23-25

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究B)「イネのいもち抵抗性の分子メカニズム〜2つの生物間で何が起こっているのか〜」((独)日本学術振興会)H23-25

国際熱帯農業研究所(IITA)委託事業「ギニアヤム及び近縁種の全ゲノム配列の解析」(国際熱帯農業研究所(IITA))2011-2012

科学研究費補助金(若手研究B)「いもち病菌感染イネにおけるエフェクターとそのターゲットの相互作用の解明」(文部科学省)H22-25

(独)国際農林水産業研究センター委託事業「ヤムの遺伝的多様性の解析および育種への分子生物学的手法の利用」((独)国際農林水産業研究センター)H22-24

新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業(機関連携強化型)「北東北地域における非主食用多用途超多収イネの品種開発と省力栽培技術の開発」(農林水産省)H22-24

新農業展開ゲノムプロジェクト「いもち病菌エフェクタータンパク質によるイネ耐病性発現調節機構の解明」(農林水産省)H20-24

イノベーション創出基礎的研究推進事業「ひとめぼれ突然変異集団とRILsを用いた連関解析実験系の確立と利用」(生研センター)H21-23